So-net無料ブログ作成

安住アナがラジオ番組で泣いた理由 [考察・分析]









TBSの安住伸一郎アナ有アンサーが、自分の冠番組
「安住伸一郎の日曜天国」という番組の放送中に、
10年前の後輩アナウンサーの川田亜子の自殺を思い出し、
嗚咽、沈黙、涙声での放送が注目されている。

安住アナは、川田アナが助けを求めに来たのに、自分が甘えだと突き放したことに
今でも後悔の念を持ち、後輩を助けられなかったことに対して
責任を感続けている続けているようである。

親しい人の死は、なかなか忘れられないというが、
その人との楽しい思い出や辛い思いで
で相殺され記憶は時間と共に薄れていく。

しかし、他人でも、自分の言葉や行動が、
相手の死の要因と思われることは、
なかなか忘れ去ることができない。

”心の傷は、時間がすべて癒してくれる”
昔からよく言われますが、大きなショックを受けるような出来事で
できてしまう心の傷が、時間とともに自然治癒する可能性は極めて低い
ということが、最近の心理学の研究で発表されています。


心を多少なりとも癒す方法としては、以下のプロセスがある。

(1) セラピストに心の内側を全てさらけ出し、自分が何に傷ついているかを
     きちんと認識する事である。

(2) 考えるのではなく、感じることにフォーカスする。
     出来事に対して、あの時こうしておくべきだったとか、
     過去を振返り、反省するする事よりも、悲しい、辛いなどの
     そのままの感情をゆっくりと受動しながら思いっきり泣いてみる。

(3) 出来事の捉え方を変える
     出来事をちょっと引いた第三者の視点から自分が何を学ぶことができたのか?
     また今後、自分はどのように生きるべきであるかとの教訓を得たのかを考える?

癒し.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。