So-net無料ブログ作成

高齢化社会と結核の増加 [トレンドニュース]

都内の病院で昨年11月以降、入院患者と病院職員、合計24名が結核に感染し、
その内、60代の患者2名が死亡したとの発表があった。

テレビ番組などで日本の戦後(昭和20年以降)の食料不足の時代に、結核に感染して
命を落とすという内容のドラマが放送され、今では治療により多くの結核により命を
落とすことは昔と比べて圧倒的に減少した。

そのため、結核での患者の死亡は、どちらかと言うと珍しさから関心を集めるのであろう。
結核は、結核菌による感性症であり、一般に結核菌を健康な人が吸い込んでも必ず発症するわけではなく、体の抵抗力により感染する人、しない人と分かれます。

しかし、免疫力の低下した高齢者は、結核により死亡する確率が高いのも事実です。
超高齢化社会の日本においては、現在、年間17,000人以上の結核患者が発生して、
約1,800人以上の人が亡くなっている感染症であり、誰もが予防対策の注意が必要である。


============================================================================================================================================

<PR広告>
❏わずか10分で体内脂肪を効果的に燃焼!
⇒ 驚異のダイエットマシーン

❏犬のしつけに役立つ!
⇒ マナーコール

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。