So-net無料ブログ作成

白血病の免疫治療の2つの課題について [健康管理]

競泳女子日本代表の池江璃花子(いけえ りかこ)選手(18)が白血病であるという
ニュースで白血病の治療についても、最新の治療法が報じられています。

白血病は、血液にガンが増殖した病気ですので、全身に広がる可能性があります。
胃がんや肺がんなどの臓器発症したガンと違い、特定部を切除して治療することができないため、
薬の抗がん剤を投与して、治療する方法になります。

白血病の原因は、不明ではありますが、
通常のガンの発症原因を参照にすれば、池江選手のようなトップアスリートは、
過度なトレーニングによる疲労・ストレスが、体内のホルモンバランスを崩して、
ガン細胞を発生させたのではないかと推測します。

今後、白血病の治療として期待されているのは、がんの免疫細胞治療の一部として、
人の体内にあるキラーt細胞を増殖させて、がん細胞を直接攻撃させる治療法が
京都大学等でも研究されており、早くて2022年頃に実現されるのではと期待されている。
Tcell.jpg

免疫細胞治療は、既に効果があることはマウスによる実験結果から確認できているが、
一般の治療に普及させるためには、以下の2つの課題がある。

1.コスト
人それぞれのキラーt細胞を取り出し、ips細胞を使用して増殖させ、それを患者へ戻すため
治療そのものがカスタムメイドなので、高額な治療費が掛かる。

ips.png



2.治療薬として普及するまでのプロセス
日本国内で正式な治療薬品として、普及するまでには、現行、臨床試験を行い、
実際に治療薬として認定されるまでに少なくとも早くとも4年~5年は期間がかかる。



医療分野のAI活用としては、胃がんや肺がんなどの臓器においては画像解析による
早期の発見方法として、研究・開発が進められています。

メルマガ登録は、以下より
 「AI 社会のサバイバル術」


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。