So-net無料ブログ作成

景気後退で日本の円高・デフレの構造 [考察・分析]

日本の円高・デフレの構造は、日本が変動為替相場の下での経常収支が
黒字であることにある。

これまで日本の製造業は、優れた製品を世界に輸出して来ました。
売上の決済は、基軸通貨のドルのため、最終的には円に換金しないと
国内で生産した際の人件費などを支払えない、このため相対的に円が
不足して価値が上がる。(円高)

一方、国内で消費する物は、輸入の際に安く買うことができるので、
相対的にモノ値段は下がっていくデフレとなる。

また、今後、懸念される景気の後退においては、株価は下がるので、
例えば、米国の株式市場に投資していた日本の企業・個人は、
いったん資産を日本円と交換する、または、海外の投資家も安全資産として
円に関連する資産を保有する動きになる可能性が高く、
従って、円高が加速するものと考えられる。

改善策は、

(1) 財務省が為替介入して、円安を誘導する

(2) 政府が国債を発行して、銀行に買わせ、それらを日銀が買取、
    国民に現金をばらまく(市場における円の通貨量の増量を行う)
(3) 内需を拡大、輸入額の拡大を促進し、経常収支を赤字にし、円安へ

(4) グローバル取引において、現行のドル決済方法に依存しない
    ビットコインなど仮想通貨への移行する

(1)、(2)は、現状、米国から日本への強い政治的な圧力により、
簡単には実行に移すことはできないと考えられる。
(3)、(4)は、日本国民、企業の力により、取組むことができる。

money.jpg


AIの為替予想などが、既に公開されているが、判断の基準が不透明であり、
学習パターンは、おそらく過去のチャートパターンから予想されるレンジを
推測するだけであると考えられる。
今後は、ファンダメンタル、各国の金利政策の発表などによりどのように
為替が変動するのかなどの不確定な要素も学習データに取組まれるであろう。

メルマガ登録は、以下より
 「AI 社会のサバイバル術」

タグ:為替 円高 AI
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。