So-net無料ブログ作成

株価を決める2つの要因 [お金と投資]

株に投資するといくら儲かるかは、
理論的に決まっていると言われています。

正しくは、そのように値決めされているのです。

それが、株価指数の期待リターンです。


2018年5月の各国主要株価指数の期待リターン は
以下の通りです。

日本9.325%
米国10.883%
英国11.985%
豪州8.500%
ドイツ10.556%
中国12.124%
インド12.554%
ブラジル15.534%

一般に、リスクが高いと思われている市場ほど、
期待リターンは高くなる傾向です。

この数値の意味は、投資家が年率10%は儲かるように
株価を値決めしているという意味です。

従って、1株当たり、1,000円の利益を生む企業の株価は、
10,000円(1,000円÷ 0.1) が適切であると考えられる。

つまり、株価は、投資家が期待するリターンと企業の1株当たりの利益
から算出される。

AIの株価予想システムにも、株価指数の期待リターンが
学習データのベースに含まれると考えられる。

メルマガ登録は、以下より
 「AI 社会のサバイバル術」

タグ:株価 AI
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。